家づくりの流れ

家づくりの流れ

らくママの家づくり

家を建てるには土地探し、住宅ローンなどお金の検討などさまざまな準備が必要になってきます。
一般的に家ができるまで数か月から長いときは一年以上かかる場合もあります。
また、費用に関してもできあがってからの支払いではなく、
途中でも支払いが必要なので家づくりの流れを押さえ、
かかる費用を知っておくとよいかもしれません。

らくママの家づくりの流れ 背景

土地探し

土地を所有していない場合、土地探しが必要です。
気に入った土地を探すためにゼロイチではグループ会社
のニッカ不動産があることで土地探しを
サポートすることが可能です。
土地探しから建物までワンストップで
相談ができるので効率的です。

土地の申し込み

土地の申し込みをします。
土地の費用は家と一緒に住宅ローンに
組み込むことができます。

その際は家の簡単なプランと
概算見積もりが必要になります。

住宅ローン事前審査

住宅ローンを使用する場合、借入先の
銀行を選び事前審査をしましょう。

その際、概算見積や本人確認書、
源泉徴収が必要になります。

家のプランニング

家のプランニングをしましょう。
最初の段階では細かい内容までは
考えず大体の間取りを決めましょう。
ここでできたプランは
住宅ローン借入時に必要となります。

家の見積もり

家のプランが決まってきたら
見積りの依頼をしましょう。

その際は見積りにどこまでの費用が
含まれているかをご説明します。
その後、細かい打ち合わせをし、
理想の家づくりをしていきます。
ここでの見積りは住宅ローン借入時
に必要となります。

土地、工事の契約

打ち合わせでプラン、見積りが決定したら
いよいよ契約です。
ここから費用が発生します。
契約時にかかる費用は契約印紙税の約1万円。
契約会社に契約金として契約金額の10%。
土地の手付金として10%がかかります。

建築確認申請

打ち合わせで決まった家のプランを
役所に提出します、確認申請がおりれば
工事の着工が可能になります。

住宅ローン申し込み

住宅ローンの本審査を受け申し込みをします。
基本的には工事完工後に借りられるのですが、
つなぎ融資といって前借りができる制度がありますので
完工前にかかる費用をつなぎ融資で支払うこともできますが、
その場合利息が高くなるのでご注意ください。

ローン申し込み時には契約時と
同様印紙税が約2万円かかります。
また、土地の残金もこのとき支払い、
別途で仲介手数料や登記費用がかかります。
その金額は土地代により異なります。

工事着工

いよいよ工事着工です。
着工前には近隣あいさつや
地鎮祭などをおこないます。
ここで着工金として建築費用の
約30%を目安に費用がかかります。

地鎮祭をおこなう場合は神主さんの謝礼や
お供え物にかかる費用として1~5万円が
必要になります。

上棟

家の骨組みを作ります。
大工工事序盤でその後内装、
外装を仕上げていきます。
ここで中間金として
建築費用の約30%を支払います。

完成・引き渡し

完成後検査を経て完工・引渡しです。
完工後残金の支払いをします。