04 安心 Peace of mind

「劣化対策等級3・
維持管理対策等級3」

劣化対策等級3とは、国土交通省が指定する住宅性能評価の一つで3世代(概ね75年~90年)もつ程度の必要な対策がとられている住宅の事。維持管理対策等級3とは、同じく国土交通省が指定する住宅性能評価の一つで掃除口及び点検口が設けられている等、維持管理を容易にすることに特に配慮した措置が講じられている住宅の事。例えば、ゼロイチの住宅では外壁と断熱材の間に空気の流れる空間をつくることで壁体内の結露を防ぎ住まいの耐久性を向上させる「外壁通気工法」を採用しており木材の耐久性の向上にも効果があります。また、維持管理対策に関しては必要な掃除口・点検口を用意するだけでなく従来の配管方式に比べて水圧や水量が落ちにくくまた、メンテナンスもスムーズな「ヘッダー配管方式」を採用しております。これから長く住む住宅。劣化対策も維持管理も安心です。